意外と知らない!?住宅購入で「頭金2割」と言われるわけ

住宅購入を検討していると、一般的に頭金が2割程度の必要だとよく聞きます。ではなぜ一般的に頭金は2割必要だといわれるのでしょうか。これは、売買代金の2割を現金で用意し、残りの8割は住宅ローンの借入れで費用を捻出するという意味と考えられています。マンションや一戸建ての購入をするときには売買代金以外にもさまざまな費用がかかります。仮にこれを物件価格の1割とすれば、住宅ローンの頭金と合わせて3割くらいの自己資金が必要ということになるでしょう。

2割未満の自己資金で住宅購入!?

最近、大都市圏において住宅価格のが懸念されています。景気回復によっては、金利上昇の可能性もでてくるため、特に新築マンション販売の不動産会社では、自己資金ゼロで購入している方が増えているといわれています。

そもそも頭金0円での住宅購入にはどのようなリスクを伴うのでしょうか!?

住宅の購入は大きな買い物です。長期での住宅ローンの借り入れのケースも多く、もし、頭金なしでの購入を検討しているのであれば、そのリスクについてはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

頭金が少ないほど住宅ローン破綻のリスクは高くなる

売買代金の全額を住宅ローンで借りた場合には、その返済に行き詰まる可能性が高くなるといわれています。まずは、同じ頭金0円の場合でもいくつかのケースがあると思いますので注意したところです。

・自己資金がなく、購入でかかる諸費用分も借入れに頼るケース
・諸費用分だけは用意できるケース
・諸費用分を自己資金で支払っても、手元にある程度の資金を残せるケース
・購入代金と諸費用分の全額を借りて、手元に資金を残しておくケース

このいくつかのケースを確認していくと、自己資金がまったくないケースが1番問題を抱えてしまいそうです。それまでも家計に余裕がなかったため貯蓄することが難しかったのでしょう。住宅購入後にお子さんの進学などで教育費の出費が増えたり、両親の介護が必要になった場合などの将来的な支出の負担に耐えられるのかが心配です。収入の減少などによっても住宅ローンの返済が厳しくなり、その後の対応する余力が家計にあるのか心配になります。

頭金0円では売却時での住宅ローンが残るリスクが高い

住宅ローンを返済することが厳しいと判断されたときは、購入した住宅の売却の検討をするしかありません。ですがこのとき、住宅ローンの残高以上の価格で売却できれば問題はないのですが、中古住宅ともなれば難しいケースも少なくありません

住宅ローンの審査も不利になる!?

金融機関は破綻リスクの低い方にお金を貸したいことのは当然です。このため、頭金0円または、少ない申込者に対して審査が厳しくなるのは仕方がないことでしょう。金融機関によっては、頭金が一定割合以上の場合に限って金利優遇をする場合もありますので、住宅ローンの選択肢を増やし、少しでも有利な条件で借りるためにも頭金を多く入れての購入を検討することも重要ではなでしょうか。

マンション購入では住宅ローンの返済だけでなく、毎月の管理費と修繕積立金、毎年の固定資産税と都市計画税も視野にいれなくてはなりません。一戸建てであれば固定資産税と都市計画税以外に、定期的な修繕のための資金も必要になるでしょう。これらの負担も考えたうえで、余裕のある資金計画を立てることが欠かせません。住宅購入後の安心できる生活を手に入れるためにも、ライフプランの検討をされてみるのもいいのではないでしょうか。

住まいのコンサルタント事例紹介

Copyright (c) 2015 - 2016 株式会社住まいのコンサルタント. All Rights Reserved.