住宅購入と家計管理

安定した家計管理は生活の中でとても重要なことです。住宅購入をきっかけに家計管理が上手く行かず悩んでいる方がたくさんいるようです。では、なぜ、住宅購入がきっかけで悩まれることになったのでしょうか。

購入後にオーバーローンとなっていることに気がついた。

す1
住宅購入後に、様々なお金が生活の中でかかるのは当たり前です。ですが、ご自分が思っていた意外のところでの出費は家計の思わぬ負担になりかねません。例えば、マンションでの管理費や修繕積立費、火災保険や固定資産税など、たくさんの支払いがあることを計画的に考えなければならないでしょう。

では、上手に家計管理をするためにはどんなことに目を向けるのがよいのでしょうか。

住宅購入だけを目的としない家計管理を考えよう!!
住宅購入はあくまで、人生の一部として考え計画しましょう。住宅購入が人生のゴールと考えて住宅を購入をされてしまう方はたくさんいらっしゃいます。ですが、実際は購入後から新しい生活がスターとすることを忘れないでください。

家計管理には、生活費の他にも気にしたいことがある!!

実は、申告を行うことで受けられる控除があります。住宅購入において受けられる控除があることはご存じですか?住宅ローン控除の対象には年末のローン残高に上限などがあります。入居した年の税制が適用で、いつ住宅を購入したかによって控除される金額も違うため、住宅購入時から専門家に相談しながら視野にきちんと入れておくとよいでしょう。

安心できる家計管理とはどんな管理なのでしょうか。

幅の広い知識は家計を助ける1つのポイントになると考えよう!
申告をすることは家計にとって大切なことと覚えておきましょう。特に、確定申告は、会社勤めの方でも住宅購入や転職があった場合などに行うものです。住宅ローン控除を受けられる要件があっても控除を受けるためにはご自分での申告が必要となっています。せっかく控除を受けられるののに、申告をしなかったことで損をするのは家計にとってもったいないことになるでしょう。

住宅購入でのいろいろな知識を事前に知ることはとても重要!?

知識を身につけることは家計の助けになることがあります。ご自分の家計での購入後の控除など、自分で調べるのではなく、やはり専門家に相談にのってもらいたいところです。専門家への相談は購入後にすると考えるのではなく、将来のライフプランやライフイベントによる生活環境の変化についても相談しながらがよいでしょう。今後、ご家庭に起こるであろう環境の変化に耐えられる家計になるためのも、安心できる家計作りとして専門家をされてみてはいかがでしょうか。

信頼できる専門家選び

す2
住宅購入は人生において大きな買い物です。どんな住宅ローンを組み、どのぐらいの金額まで借りていいのかなど、始めてのことと考えるとハードルが高いものがあります。ご自分にとって、予算や頭金などお金にまつわる疑問をきちんと解決できないままの住宅購入は危険です。安心できる家計にするためにも、住宅購入する前に信頼できる専門家への相談がお勧めです。

住宅購入において、きちんとご自分の家計と向き合うことがはじめの一歩ではないかと思います。ご自分の家計を把握することで、避けられる将来のリスクもあるでしょう。また、今の収入だけに目を向けた購入ではなく、長く付き合う住宅ローンだからこその資金計画を忘れないでください。
住宅を購入することは、今後の家計の管理に大きな影響を与えることになります。せっかく購入する夢のマイホームだからこそ、安心できる家計管理を意識されることが重要になってくるのではないでしょうか。

住まいのコンサルタント事例紹介

Copyright (c) 2015 - 2016 株式会社住まいのコンサルタント. All Rights Reserved.